読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがさわらなるひこのオープンソースとかプログラミングとか印刷技術とか

おがさわらなるひこ @naru0ga が技術系で興味を持ったりなんだりしたことをたまーに書くブログです。最近はてなダイアリー放置しすぎて記事書くたびにはてな記法忘れるのではてなブログに移行しました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
特に断りがない場合は、本ブログの筆者によるコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

LibreOfficeをコマンドラインで使うと便利だよ

LibreOffice Advent Calendar 2015 21日目。本日も超小ネタ。

みんな知ってるのかなーと思ったのですが、意外と知らない人がいるようなので*1

LibreOfficeのいろんな機能は実はコマンドラインから起動できます。

Ubuntu*2の場合は実行パスが通っているので、単純に実行できます。

$ soffice --help
LibreOffice 5.0.2.2 00m0(Build:2)

Usage: soffice [options] [documents...]

Options:
--minimized    keep startup bitmap minimized.
--invisible    no startup screen, no default document and no UI.
--norestore    suppress restart/restore after fatal errors.
--quickstart   starts the quickstart service
--nologo       don't show startup screen.
--nolockcheck  don't check for remote instances using the installation
--nodefault    don't start with an empty document
--headless     like invisible but no user interaction at all.
--help/-h/-?   show this message and exit.
--version      display the version information.
--writer       create new text document.
--calc         create new spreadsheet document.
--draw         create new drawing.
--impress      create new presentation.
--base         create new database.
--math         create new formula.
--global       create new global document.
--web          create new HTML document.
-o             open documents regardless whether they are templates or not.
-n             always open documents as new files (use as template).

--display <display>
      Specify X-Display to use in Unix/X11 versions.
-p <documents...>
      print the specified documents on the default printer.
--pt <printer> <documents...>
      print the specified documents on the specified printer.
--view <documents...>
      open the specified documents in viewer-(readonly-)mode.
--show <presentation>
      open the specified presentation and start it immediately
--accept=<accept-string>
      Specify an UNO connect-string to create an UNO acceptor through which
      other programs can connect to access the API
--unaccept=<accept-string>
      Close an acceptor that was created with --accept=<accept-string>
      Use --unnaccept=all to close all open acceptors
--infilter=<filter>[:filter_options]
      Force an input filter type if possible
      Eg. --infilter="Calc Office Open XML"
          --infilter="Text (encoded):UTF8,LF,,,"
--convert-to output_file_extension[:output_filter_name[:output_filter_options]] [--outdir output_dir] files
      Batch convert files (implies --headless).
      If --outdir is not specified then current working dir is used as output_dir.
      Eg. --convert-to pdf *.doc
          --convert-to pdf:writer_pdf_Export --outdir /home/user *.doc
          --convert-to "html:XHTML Writer File:UTF8" *.doc
          --convert-to "txt:Text (encoded):UTF8" *.doc
--print-to-file [-printer-name printer_name] [--outdir output_dir] files
      Batch print files to file.
      If --outdir is not specified then current working dir is used as output_dir.
      Eg. --print-to-file *.doc
          --print-to-file --printer-name nasty_lowres_printer --outdir /home/user *.doc
--cat files
      Dump text content of the files to console
      Eg. --cat *.odt
--pidfile file
      Store soffice.bin pid to file.
-env:<VAR>[=<VALUE>]
      Set a bootstrap variable.
      Eg. -env:UserInstallation=file:///tmp/test to set a non-default user profile path.

Remaining arguments will be treated as filenames or URLs of documents to open

詳しくは個別に見ていただくとして、 --headless に注目。これを使うと、LibreOfficeGUIを表示せずに機能を利用できます。ありがちなのは:

soffice --headless --convert-to pdf:writer_pdf_Export *.doc

とか。これでカレントディレクトリにある *.doc ファイルをガツンとPDFに変換できます。サーバーサイドに置いておいて、適当なファイルがアップロードされたらPDFに変換、みたいなサービスを提供するのに使えますね。

なお --headless オプションは、他にLibreOfficeが上がっている場合は何も言わずに終了してしまうのでご注意。

なおOS Xの場合は:

/Applications/LibreOffice.app/Contents/MacOS/soffice

を叩いてください。

Windowsは手元にないのでわかりませんが、32bit版は c:\Program Files(x86) 以下、64bit版は c:\Program Files 以下のLibreOfficeのフォルダ以下に program というフォルダがあって、そこに soffice.exe という実行ファイルがあるのでこれを叩きましょう。バッチファイルを書いておくといいかも。

--infilter--convert-toのフィルター指定にはいろいろオプション指定も効くので、これについての情報もお知らせしたいところですが、情報源がないのでまた今度。すみません!


追記:このネタ、「LibreOffice コマンドライン」とかでググるとたくさん出てくるので、今更感もありますけど、Advent Calendarにぶら下がってる方が見つかりやすいよね、という言い訳。

*1:秋のOSC東京で紹介したら、すごい感激された。

*2:しか手元にないけど、他のLinuxディストリビューションでも同じなのだと思います。