読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがさわらなるひこのオープンソースとかプログラミングとか印刷技術とか

おがさわらなるひこ @naru0ga が技術系で興味を持ったりなんだりしたことをたまーに書くブログです。最近はてなダイアリー放置しすぎて記事書くたびにはてな記法忘れるのではてなブログに移行しました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
特に断りがない場合は、本ブログの筆者によるコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

CUPS 1.6からLinuxでネットワークプリンタがブラウズできなくなっちゃう?

こういう記事はあんまり書かないんですが、あんまりにも衝撃的だったので……。

非常に面白い記事が豊富なニュースサイト The H Online。ニュースとして取り上げる材料もグッドだし、ライターさんの質も高い……と思う。私はあんまり英語読むの好きじゃないけど、頑張って読む甲斐があるサイトだと思います。

まぁさておき、Twitter でこんなニュースが流れてました。

え、ちょっと待て? という内容だったので、リンク先をクリックしてふむふむ。以下、記事から該当部分を引用しヘボい訳をつけておきます。

Kernel Log: Apple streamlines CUPS

by Thorsten Leemhuis

CUPS 1.6, which is currently in development, will no longer include some features used in many Linux distributions. ...

現在開発中である CUPS 1.6 には、多くの Linux ディストリビューションで使われているいくつかの機能が含まれなくなっています。(略)

On his blog, Tim Waugh, the developer of the system-config-printer printer configuration program used in distributions such as Fedora and Ubuntu, has pointed out that changes in CUPS 1.6, which is currently in development, will affect the Linux world. According to Waugh and openprinting.org maintainer Till Kamppeter, version 1.6 of the open source printing system developed by Apple since 2007 will no longer include several features that are "not much interesting" to Mac OS X but are used in many Linux distributions.

FedoraUbuntu などのディストリビューションで用いられている印刷設定プログラムであるsystem-config-printer の開発者である Tim Waugh はそのブログで、現在開発中である CUPS 1.6 の変更点が Linux 界に影響を及ぼすだろうことを指摘しました。Waugh と、openprinting.org のメンテナーである Till Kamppeter によれば、2007 年からは Apple によって開発されることになったこのオープンソースの印刷システムのバージョン 1.6 では、Mac OS X にとっては「大して重要でない」けれども、多くの Linux ディストリビューションで用いられているいくつかの機能が落とされることになるとのことです。

Among them is the "CUPS Browsing" support – until now, CUPS servers have used network port 631 to broadcast all available printer queues that allow client systems to discover printers automatically. In Mac OS X, CUPS has long used DNS-SD (DNS-based Service Discovery) to perform this task. However, CUPS doesn't yet co-operate with Avahi, a system many Linux distributions use for zeroconf technologies such as DNS-SD. Waugh has already integrated patches to change this in Fedora, and he has also submitted these patches to the CUPS project for inclusion. On his blog, the developer explains that, in future, automatic CUPS queue discovery will require Avahi to be running on both the server and the clients; he adds that operation without Avahi is possible, but it won't allow CUPS to detect printer queues automatically.

その一つが「CUPS ブラウジング」サポートです - 今まで、CUPS サーバーはネットワークポート 631 経由で利用可能なすべてのプリンターキューをブロードキャストし、それによってクライアントシステムはプリンターを自動的にディスカバリしていました。Mac OS X ではこの処理に長らく DNS-SD (DNS-based Service Discovery) を用いてきました。しかし CUPS は、多くの Linux ディストリビューションDNS-SD 同様の zeroconf 技術を提供するのに使っている Avahi と協調して動く機能を未だもっていません。Waugh はパッチを Fedora で統合し、これらのパッチを CUPS プロジェクトに統合するように登録しました。ブログで彼が説明するところによれば、将来的には、CUPS の自動キューディスカバリには Avahi がクライアントおよびサーバー両方で実行されていることが必要になるとのことです。Avahi なしでも操作は可能だけれども、CUPS は自動でプリンターキューを見つけられなくなる、とも付け加えています。

(訳注:私の訳がちょっと悪いせいもあるんですがちょっと分かりにくいですね。Tim のブログによると、この件は、「以前から CUPS で使われていたポート 631 のディスカバリが 1.6 からオミットされる(Mac OS XDNS-SD を使えばいいので)」ことと、それにも関わらず、代替であるべき Tim が書いた Avahi 対応のパッチが入らないこと、その両者が問題になる……ってことじゃないかな(^^;)

Waugh and Kamppeter say that, with version 1.6, the CUPS project will also drop various filters that are irrelevant to Mac OS X. The OpenPrinting project has already picked up these filters and plans to maintain them as part of the newly created package cups-filters. That also includes PDF-handling filters that were never part of CUPS.

Waugh と Kamppeter 曰く、バージョン 1.6 では、CUPS プロジェクトは Mac OS X とは関係ない多くのフィルターを落とすとのことです。OpenPrinting プロジェクトはこれらのフィルターをすでに拾い上げて、新たに作成されたパッケージ cups-filters の一部でメンテナンスする予定です。このパッケージには CUPS には含まれてこなかった PDF 印刷パスのフィルターも含まれます。

Waugh had previously informed the Fedora developers of these changes. During the resulting discussions, Waugh indicated that several developers had considered a fork of CUPS as well as alternative solutions. Waugh said that these are not ruled out for the future, but that they aren't considered beneficial at present.

Waugh はブログを書く前にこれらの変更を Fedora の開発者に伝えました。議論の結果として、何人かの開発者が代替案として CUPS をフォークすることを検討していると Waugh は書いています。また Waugh は、開発者たちは将来的には分からないが、今のところは有益でないと考えていると述べています。

(最後の一文、ちょっと荒っぽい訳なので、添削希望です……)