読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがさわらなるひこのオープンソースとかプログラミングとか印刷技術とか

おがさわらなるひこ @naru0ga が技術系で興味を持ったりなんだりしたことをたまーに書くブログです。最近はてなダイアリー放置しすぎて記事書くたびにはてな記法忘れるのではてなブログに移行しました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
特に断りがない場合は、本ブログの筆者によるコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

なぜぼくはAppleという会社が嫌いか

与太話

いつにもましてつまらないし、ちゃんと事実踏まえて書いてないから読まないでいいよ。

とあるイベント……と隠す意味はないな、Ubuntu 14.04リリースパーティ14.05にて「普通おしごとでUbuntu使うよね?」と題して、会社でWindows押し付けられてcygwinとかで辛い戦いするぐらいなら仮想マシンUbuntu使うんだってアリだよね?という趣旨のプレゼンをしたです。

で、質疑応答で「Macじゃなんでだめなの?」って聞かれたんで「私は宗教上の理由でAppleは嫌いだけど、もちろんWindows以外のマシンが選択可能ならありなんじゃないの? OS Xはよくできてるし」って言ったらなんかそこ盛り上がっちゃってさあ。そこは本題じゃないんだけどなー。

それから今日のTwitterのTLで「ちゃんと理由があって避けているなら宗教上の理由とかいう表現はしないほうがいい」という発言をみかけた気がするので、じゃあ書いとくよ。と。でもつまんないしこんな説明毎回してたらかったるいので、今後とも私は「宗教上の理由でAppleにお金は落とさない」というでしょう。

なお私はAppleという会社が嫌いなのでApple製品であるところのMacとかOS XとかiOS搭載のiPhoneとかiPadとかは使いたくても使えません*1。ただ、ユーザーが使う商品としてはよくできてるなあと(人の評判を見て)感じることは多々あります(ソレに比べて我がAndroid端末は何度床に叩きつけたくなったかわからん)。そんなわけで全然使ってないので不正確な記述があったら嗤ってやってください。あい。

秘密主義

Appleという会社は秘密主義です。まあある程度どんな企業も秘密は持つものですが、リリースiOSスケジュールみたいなものを非公開にされると色々と弊害が。

トリビアルなことをいうと、Unix系の印刷システムのコアにいるCUPSというモジュール、これは「新規リリースはOS Xのスケジュール合わせ」ということで決まっています。ので、OS Xがいつリリースされるのかわからなければ、CUPSのリリースがいつかもわかりません。

困ったことにCUPSはApple内部はSVNで管理されていて、リリースブランチごとにグローバルのgitにまとめられるスタイルでリリースされるので、βやRCというバージョンと最終リリースにどういう変化があるのかはリリースされてみないとわかりません。まあこれはCUPSのリリースマネジメントの問題といえばそうだけど、Appleって大体そうじゃない? 私の感触ですけど。

なお前職時代にもっと酷い(Appleの秘密主義のせいなのに悪者になるのはハードウェアベンダー)例も見てますが、これはもしかしたら機密保持的なナニカかもしれないのでやめときます。でも、ハードウェアベンダーの開発プロセスがわかる人なら、なんとなく思い至るでしょ?

閉じた綺麗な世界

iOSに顕著だけど、AppleのアンチDynabookには辟易する。結局彼らが作ってるものってメディアを消費するものであってパーソナル・ダイナミック・メディアではないんだよね。ってわかんない人はあらゆる年齢の「子供たち」のためのパーソナルコンピュータ読んでよ。

まあでも、OS Xはそうでもないんだよねえ。前身のNeXTからそうだといえばそうで、ジョブズっぽくない。不思議といえば不思議。

ソフトウェアはハードのおまけ

結局彼らのビジネスって、OSをどんどんアップグレードして古いOSと古いハードウェアどんどん切り捨てて新しいハードウェアを定期的に買い続けることができる人に向けてやってるようにしか見えない。それは悪いことではないよ、実際成功してるんだし。でもぼくはそういうのが露骨でイヤ。好きで使う人は自由だけど、私がイヤという自由はあるよね。

結局

食わず嫌いといえばそれまで。だけど、いいじゃん、私が使うか使わないか、好きか嫌いかの話をしてるのだから。で、毎回こんな説明してらんないから、「宗教上の理由」で勘弁してよ。

補遺(2014.5.13追記)

あくまでもパーソナルな感情を垂れ流しただけなのに意外と反響があってびっくりしてます。
一応補足しておくと:

  • この記事は「ぼくがなんでAppleという会社が嫌いなのかと聞かれたときの答え」を書き留めたのに過ぎないので、皆さんがApple社、あるいはその製品を好きだろうが好きじゃなかろうが使おうが使うまいが私は一切関心がありません。
  • この記事を読んでAppleを嫌いになってもらおうとかそういうことはゆめゆめ思っておりません。というか特に新味のある話は書いてないし。
  • 私が所有したApple商品はiPodシリーズぐらいなので、商品の善し悪しはほとんど語る資格はないです。iPodシリーズはUbuntuと一緒に使うというシチュエーションでは大変腹立たしい経験をしましたが(楽曲のシンクロぐらい許してくれたっていいじゃんかケチ)、商品そのものは悪くないとは思います。
  • 私はジョブズはそんな嫌いじゃないけどジョブズ信者はキモいと思っててウォズは大好きです。関係ないけどゲイツさんは悪く言われすぎな気がします。って、どうでもいいね。

*1:印刷オタクとしては後述の通りCUPS印刷システムのリファレンスとしてのOS XiOSの機能は気になるのだけど、そこでお金を出してしまったら負けなので。