読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがさわらなるひこのオープンソースとかプログラミングとか印刷技術とか

おがさわらなるひこ @naru0ga が技術系で興味を持ったりなんだりしたことをたまーに書くブログです。最近はてなダイアリー放置しすぎて記事書くたびにはてな記法忘れるのではてなブログに移行しました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
特に断りがない場合は、本ブログの筆者によるコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

LibreOfficeバグハンティングセッションのご紹介

この記事はLibreOffice Advent Calendar 2014の9日目です。昨日はoshieさんの「Drawでかんたん! チラシ作り 」でした。

みなさん、LibreOfficeのバグハンティングセッションについてはご存知でしょうか。
リンク先から参照すると:

  • ダウンロード: http://ja.libreoffice.org/download/pre-releases/ (そこで「プレリリース版用のサーバーにアクセスし、必要なバージョンを入手する」をクリック)
  • テストしたいことをテスト
  • バグを見つけた? irc で報告 / バグ報告を書こう

たったこれだけ!です。

タイムベースリリースとバグハンティングの意義

LibreOfficeのリリースは、タイムベースというポリシーになっています。つまり、「ベータとかRCとか正式リリースとかのスケジュールが、予め決められている」というポリシーです(LibreOfficeのリリースプラン参照)*1。他のFLOSSだと、例えばUbuntuとかopenSUSEといったディストリビューションGNOMEとかがタイムベースリリースですね。

タイムベースリリースの利点を雑駁にいうと:

  • 機能追加やバグ修正が定期的にリリースされることが保証されるため、進化が早い
  • ユーザーからのフィードバックが得られやすいので、変更に大胆になれる
  • コミュニティベースの作業のスケジュールが分かりやすい

といったことがあります。逆に見ようによっては欠点とされるものが:

  • QAプロセスをリリースマネージメントの中に入れ込むことが難しい

ということです。つまり、これこれの品質尺度を満たしたらリリース、といったマネージメントとはタイムベースリリースは馴染まないのです。

しかしこれは本当に欠点なのかというと、ものは考えようです。つまり、不具合があっても、それを発見することさえできればすぐに対応される可能性がある*2 のがタイムベースの強みです。したがってLibreOfficeにおける品質保証というのは、ユーザーが自らテストに参加し、不具合を発見して報告することを前提としているのです*3。品質保証チームは(もちろん自らテストもしますが、どちらかというと)報告された不具合を精査して開発者が分かりやすいように情報を付加したり、ユーザーがテストをするための基盤を整備したり、といった作業がメインとなっています。

おっと、脱線が過ぎました。バグハンティングセッションというのは、タイムベースリリースを採用しているLibreOfficeにおいて、リリース「前」になるべく多くのテストを行い、不具合を検出するということを目的としたバーチャルイベントです。エンドユーザーとしてはどうしても、自分でテストしてみるのはリリースされてから、ということになりがちですが、こういうイベントを設定することで、より多くの人に開発版を試してもらおう、ということです。

リリーススケジュールから一部を抜粋しました。

イベント
β1 第47週, 2014年11月17日〜23日
RC1 第51週, 12月15日〜12月21日
4.4.0リリース 第5週, 2015年1月26日〜2月1日

前回のバグハンティングセッションはβ1のリリース直後、11月21日〜23日に設定されましたが、今回はRC1のリリース後なので、12月19日〜21日で予定されています。ここで多くのバグを洗い出すことができれば、4.4.0のリリースにはまだ一月近くあるので、(特に致命的なものは)間に合う可能性が高いと考えられます。

前回のバグハンティングセッション ミニレポート

前回は東京で11月20日九州(福岡)で11月21日の勉強会の一部を使って、それぞれバグハンティングをオフラインで行いました。また東京のHackFestにあたってはIRCチャネル(freenodeの#libreoffice-ja)を開けておいたので、リモートで参加いただける方もいました。

MozTrapベースでテストを行ったり、使い込んでいる機能のチェックをしたりと、いろんなテストをした結果、以下のバグを報告できました。

  • 報告したバグ: fdo #86552, #86553, #86557
  • 確認したバグ: fdo #86390
  • 見つかったけれどもまだ報告できてないバグ*4
    • Drawでフォントを非常に大きくして、マウスであちこちクリックすると文字が突如見えなくなる
    • WindowsのBaseで「レポート」→「デザイン形式でレポートを作成…」または「ウィザードを使用してレポートを作成…」を選ぶとハングアップする→β2でも直ってない模様。既知のバグか調べねば
    • Calcでマクロのパスワードロック機能が働かない(ロックできたように見えるが、ファイルを保存して再立ち上げするとロックが外れる)
    • 4.3以前の不具合で、Calcのパスワードロックを行うとマクロ内の文字列が化ける
    • Impressで、ファイルによって表示できない画像がある(例:関東LibreOfficeオフの過去の資料これβ2では直ってる?たぶんだけど

またオフラインセッション、やる?

もちろん各々が自分の手元でテストしてもよいのですが、オフラインでやることで、

  • バグ出しするぞ!というモチベーションが上がる
  • 見つかったバグを相互に確認できる
  • 違う環境での確認も素早く可能
  • 一人でもbibisectの環境を持っているとbibisectもできる

などなどとってもメリットがあったので、RC1合わせのバグハンティングセッションもオフラインでやろうかな?と考えてます。
興味がある方はご連絡ください!


明日はnogajunさんで、 「Writerの原稿からImpressスライドのひな型を作る」だそうです。よろしくお願いします!

*1:Apache OpenOfficeは、プロジェクトが定めた基準を達成するまでリリースしない戦略を取っています。

*2:当たり前ですが、不具合を見つけて報告したところで、それを直す開発者がいなければ不具合は直りません。しかし、発見されない不具合が黙って修正される可能性よりは、発見して報告されたものが修正される可能性は遥かに高いです。

*3:私がしばしば「エンドユーザーがコミュニティの一員であることを自覚し、積極性を持って関わるほうが、LibreOfficeについては幸せになれる可能性が高い」というのは、こういうことです。

*4:先日リリースされたβ2では再現するかどうか確認してません。バグレポートもチェックできてないので、どなたか確認してほしいです。